2019.05.21更新

向河原のアップル歯科クリニックの院長小林です。

先日訪問診療で、患者様のお宅に訪問させていただいたときのことです。

やはり、外来で来院できる患者様と違って口の中の管理はどうしてもやりにくいみたいで、口腔内がやはり不衛生な状態になっていました。

普通に手足が動き方でしたら頑張って磨いてくださいねの一言を言うのですが、やはり外出もままならない方にその言葉はなかなか言えないですね。

なんで、こんな事を書こうと思ったかというと、寝たきりの方は口の中が不潔だと「誤嚥性肺炎」という病気になって入院することがあるからなんです。

口の中と肺炎となんの関係があるの?

と思われるガチなのですが、喉の奥で「気道」と「食道」にわかれているので、その入口が汚れていると唾と一緒に気道に入り込むとそれが原因で肺炎になってしまいます。

今日、その話をケースワーカーの方とお話したのですが、知識がある方はでは口の中をきれいにしないといけない言う話になるのですが、ご家族の方にはなかなかその意図が伝わらない。

正直もどかしいですね。

事実、寝たきりになってしまった方の死因の一つにこの誤嚥性肺炎が多く挙げられます。

たかだか歯を磨くだけでしょ?

そうなんです、歯を磨くだけなんです。

それで誤嚥性肺炎を防げるなら簡単なものだと思うのです。

「歯を削るのが歯医者という時代」から、「口の中の環境を整えるのが歯医者」

という認識を皆様に持ってもらいたいなと思った次第です。

投稿者: アップル歯科クリニック

アップル歯科クリニック ご予約・お問い合わせはこちら tel:044-434-4618
初診の方 治療中の方
tel:044-434-4618
ネット予約 初診の方 ネット予約 治療中の方 診療案内 虫歯治療 予防歯科 小児歯科 矯正治療 審美歯科 ホワイトニング インプラント Facebookページ 院長ブログ スタッフブログ 当院が紹介されました!